Startup Weekend Tokyoに参加してきました(今度は本当に参加者)

エンジョイし過ぎです。

http://www.penn-olson.com/2011/08/22/startup-weekend-tokyo-2011-august/

本当はビジネスプランナーとしての修行のつもりでしたが、結局コード書いてました。
最後は実働ではなくてモックを動画で撮る、というもう一歩というところでしたが、
Launchするまでは〜とメンバーは盛り上がってます。

http://remembar.me

You’ll never be embarrassed again.

仙台へ

高校時代の3年間を同じ部活で過ごした友人が、19年を経て仙台でAndroid関連の団体の代表となったとのことで繋がりが出来、夏休みを利用して訪問させていただきました。

Fandroid
http://fandroid-ej.org/

通常はそこでブレストカフェというのを行っているようですが、そこで1時間ほどお時間をいただきまして、講演させていただきました。

普段では、震災による東北の経済の停滞からどのように発展をしていくか、というテーマを持って活動をされております。

その後、夕食にホヤなどを頂いたあと、一泊してその後松島など県内を回りました。

震災から5ヶ月経ちましたが、少なくとも車での移動では不自由することはなく、どこに行っても現地の人は本当に元気な様子でした。

ただ、道路脇のがれきがよく見ると車と船の残骸だったり、いくつかの建物の1階部分が空洞になっているのを見て、今回の災害の大きさを感じました。

支援と呼ぶには微々たるものですが、できるだけ現地でお金を落とすようにして、また来ようと心に誓いつつ帰りの新幹線に乗りました。

復興はまだ時間がかかると思いますが、東北のパワーを見て、私もできることを続けようと感じた2日間でした。

Timbuk2 Commute’07 -> Commute 2.0

開発者にとって、パソコンの重さでその活動そのものが決まってしまうくらい重要なものですが、
パソコンバッグもまた活動に影響するものです。

普段私は自転車乗り御用達のメッセンジャーバッグブランドであるTimbuk2のCommuteというタイプのものを使っていたのですが、5年使って取っ手の部分がほつれてきてしまいました。Timbuk2の日本代理店に連絡したところ、修理はできるようなのですがかなり待ちが発生していて順番がいつになるか分からないとのこと。それならば、と同じタイプのものを買ってしまいました。

右が今まで使っていた2007年モデル、左がCommute2.0モデルです。

5年間の間にモデルチェンジを繰り返したようで、かなり仕様が変わっています。買う前にいろいろ調べたのですが、結局買ってみないと分からなかったことが多かったので、以下情報を残しておきます。

  • Commute2.0はM/Sサイズがあるが、既存のCommuteと同じサイズはSに該当する。Mは15インチのPCも入る大きさ。
  • 背面のウレタンパッドは省略されており、以前インナーに入っていた薄いウレタンシートをコーデュロイで包んだ緩衝材がPCポケットの両面に入っている。これでも恐らく問題はないと思われる。
  • 左右のドリンクを入れるサイドポケットは2.0では左のみに省略された。
  • 内部のポケットは2.0でかなり充実し、使いやすくなった。
  • 前面左右のポケットはより内側に入ってしまい、容量が減った上にカバーを閉じた状態ではほぼ出し入れ不可能。前のバージョンは横からポケットに手を入れられたので便利だったのに残念。
  • カバー部分のデザインがより台形になり、よりメッセンジャーバッグっぽくなった。
  • 以前はPCを入れて取っ手の部分を持つとバランスが悪かったのだが、取っ手部分の位置が良くなりだいぶ改善された模様。

ということで、全体的には良い買い物でした。
また、デザイン的にはD-Luxの方が良くて悩んだんですが、取っ手の使い勝手が無くなるのは我慢ならなかったので仕方ないです。D-Luxをお持ちの方は是非使い勝手を教えてください。