「起業家の心得」を翻訳してみる。

古川享さんのツイートにあった、

「本日の講義では、VCの老舗セコイア・キャピタルが、起業プランを持ち込む前にこれをお手本にと掲示するhttp://bit.ly/kr9kcc の話と、最近見かけたスタートアップ企業の壁に貼ってあった、起業家の心得 http://bit.ly/ty1IM を対比してみる。」

を翻訳してみる。全部翻訳すると長いので、要素だけ抜き出してます。

Writing a Business Plan

http://www.sequoiacap.com/ideas

貴方が、ビジネスプランをVCに見せる前に、

「持続可能な企業の要素」と「ビジネスプランの書き方」を読んでください。

・持続可能な企業の要素

  1. 名刺の裏に掛けるような純粋な目標
  2. 1000億円規模の大きな市場
  3. お金を払ってくれる顧客をターゲットとしている
  4. シンプルな製品にターゲットを絞る
  5. 顧客にたった一つの強力なソリューションを提示する
  6. 常識に挑戦し、考えを変え、ライバルを出し抜く
  7. 良いチームのDNAを作る
  8. 機敏さは大きな会社を打ち破ることを助ける
  9. 目的のためにお金を使い、最大の効果を得ること。倹約すべし
  10. 最小のお金で始める

・ビジネスプランの書き方

15~20のスライドに以下を書く

  1. 会社の目的
  2. 問題
  3. 問題の解決(例を出して)
  4. なぜ今やるのか
  5. 市場規模
  6. 競合
  7. 製品そのもの
  8. ビジネスモデル、特に収益モデル
  9. チーム
  10. 財務や契約

※Startup Weekend TokyoでのGuy Cihiさんのピッチを思い出しました。
スライドには「いくら欲しいのか」を書けと言ってましたね。

で、次の「起業家の心得」こっちのほうが翻訳してて面白かったです。

How to save money running a startup (17 really good tips)

http://calacanis.com/2008/03/07/how-to-save-money-running-a-startup-17-really-good-tips/

  1. Macを買ってIT部門のお金を節約する。
  2. セカンドモニターを全員に用意。1日に30分時間を節約できる。1年に100時間だから、3年で$6000 はセーブできる。$300~500の投資でだ。
  3. 食事は買いに行かせず用意する。食べに行くだけで20~60分無駄にする。さらに、食べながらミーティングすれば30分節約。
  4. 机は安くても椅子は良いものを用意する。
  5. 固定電話は入れるな。IRCチャットと個人持ち携帯で十分。99%のコミュニケーションは電話でしない。
  6. オフィスには余裕のあるスペースを持つこと。
  7. 会計と人事はアウトソースする。
  8. Microsoft Officeを全員に買わない。3、4台の共用端末に入れれば十分。あとはGoogle Docsで。
  9. GoogleのホスティングとGmailを使うこと。Exchangeサーバとか要らねーだろ。
  10. 家には一番良いPCを買う。家に帰って仕事がしたくなるならね。ワーカーホリックなら道具に投資しないと。
  11. 仕事を愛していない人を雇わない。Startupに入りたくない人はStartupでは働くべきでなく、前の職場かスターバックスで仕事するように。
  12. 高価でも良いエスプレッソマシーンを入れるべき。コーヒーと共に、時間も節約できる。
  13. 冷蔵庫にソーダをキープしておくように。
  14. オフ時間に働くことを許容する。時間をずらすことで通勤時間を半分に。
  15. 入っている業者に対して、6ヶ月から9ヶ月毎に10~30%の割引を求める。
  16. リクルートにお金を使うのをやめる。Linkedin と Facebook で探せばいい。
  17. PR会社に1万5000ドル払っているようであれば、見直すべき。年間2~3プロジェクトに取り組んでくれるPRコンサルタントをさがすことは可能。
  18. 中央アメリカにアウトソースすべき。彼らは4000ドルの狭いアパートに住んでいないし、8ドルでシャツをクリーニングに出したりしない。彼らを雇おう。

おかしいな、18項目あるわ(笑)。

注目すべきは、全てにコスト感覚を持っているということなんでしょうね。

※あと、多分Sam古川は1文目が気に入ったんだろうな。

 

Startup Weekend Tokyoに参加してきました。

Startup Weekend Tokyo に参加してきました。スピーカーとして。(えー!)

(追記:写真を追加しました)

そのときの講義資料を晒します。

皆さんのモチベーションの高さは凄かったです。ホント。

メキシコの漁師だったなら、もう少し魚を取りたい

自分に何ができるのか、どうしたいのか、という整理を(Yahoo!モバゲーでテトリスしながら)考えていたのですが、脳内で面白い考察に至ったので記事にします。

下に有名なコピペを引用します。

メキシコの田舎町。海岸に小さなボートが停泊していた。
メキシコ人の漁師が小さな網に魚をとってきた。
その魚はなんとも生きがいい。それを見たアメリカ人旅行者は、
「すばらしい魚だね。どれくらいの時間、漁をしていたの」 と尋ねた。

すると漁師は
「そんなに長い時間じゃないよ」
と答えた。旅行者が
「もっと漁をしていたら、もっと魚が獲れたんだろうね。おしいなあ」
と言うと、
漁師は、自分と自分の家族が食べるにはこれで十分だと言った。

「それじゃあ、あまった時間でいったい何をするの」
と旅行者が聞くと、漁師は、
「日が高くなるまでゆっくり寝て、それから漁に出る。戻ってきたら子どもと遊んで、
女房とシエスタして。 夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、
歌をうたって…ああ、これでもう一日終わりだね」

すると旅行者はまじめな顔で漁師に向かってこう言った。
「ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得した人間として、
きみにアドバイスしよう。いいかい、きみは毎日、もっと長い時間、
漁をするべきだ。 それであまった魚は売る。
お金が貯まったら大きな漁船を買う。そうすると漁獲高は上がり、儲けも増える。
その儲けで漁船を2隻、3隻と増やしていくんだ。やがて大漁船団ができるまでね。
そうしたら仲介人に魚を売るのはやめだ。
自前の水産品加工工場を建てて、そこに魚を入れる。
その頃にはきみはこのちっぽけな村を出てメキソコシティに引っ越し、
ロサンゼルス、ニューヨークへと進出していくだろう。
きみはマンハッタンのオフィスビルから企業の指揮をとるんだ」

漁師は尋ねた。
「そうなるまでにどれくらいかかるのかね」
「二〇年、いやおそらく二五年でそこまでいくね」
「それからどうなるの」
「それから? そのときは本当にすごいことになるよ」
と旅行者はにんまりと笑い、
「今度は株を売却して、きみは億万長者になるのさ」
「それで?」
「そうしたら引退して、海岸近くの小さな村に住んで、
日が高くなるまでゆっくり寝て、 日中は釣りをしたり、
子どもと遊んだり、奥さんとシエスタして過ごして、
夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、
歌をうたって過ごすんだ。 どうだい。すばらしいだろう」

この文では「理想の生活や精神的な満足はお金で買うものじゃないよ」という意味のように捉えられますし、私もそう脊髄反射してました。

が、すべての物事には両方の側面があるように、この文も見方を変えてみるべきなんじゃないかなと思うのです。美味しい魚を取れて、その能力が他の人の幸せに役立つのならば、もう少しだけ漁をするのもいいのではないかと。

自分の仕事が人を幸せにするかどうか、それが正当に評価される指標としての収入があると考えています。

ならばギターを弾くのをやめて漁をする時間を増やしたいな、と私が漁師ならばそう思うのです。心の貧乏性ですかね。

Startup Weekend Tokyoに参加しませんか?

先日、知人の紹介でJonny Liさんという方にお会いしました。

彼はStartup Weekend Tokyoというイベントを主催されていて、
その集客の相談を頂いたのですが、彼の志に非常に感銘を受け、
僭越ながらその志を伝える手伝いをしようと考えています。

以下は話を伺いながらとったメモをまとめたものです。

多くの日本人サラリーマンは毎日満員電車に乗り、
目一杯働いて、疲れて寝る、という生活を繰り返しています。
その日本人の勤勉さは世界に誇れる点でもあるのですが、
他国から見ると少し異常にも映っているようです。

一方で、若い世代が結婚しにくかったり、子供を作らなかったりする
問題もクローズアップされています。

これらの理由も実は根本的なところは同じではないか、と考えます。
それは、特に若い世代にお金の自由・時間の自由がないことです。

不況に陥った上に震災も重なったため若い人々は保守的になって、
収入が少なくても安定している職業を目指すようになっています。
あまり頑張らなくてもそこそこの給料が貰えれば

しかし、それは違います。若い人が頑張れる社会にならなければ、
日本は良い方向に行かない。

Startup Weekendはアメリカで生まれたイベントで、
端的に言えば、起業しようと考えている人が参加する起業コンテストですが、
このイベントには日本の未来を作り出す力があります。

どうにかしたいと思っている・でもリスクは取れない、という人でも、
2日半だけならばチャンスに費やせませんか?
失敗しても、週末だけならば「良い経験になった」で済みますし、
恐らくそれ以上の何かを得ることができます。
また、Startup Weekendでアイディアが具体性を持つようであれば、
そこから起業を目指すことも可能です。もちろん、作ることでの満足も、
同じような仲間を探すためにも使えます。

Startup Weekendはこれらの一番ベーシックなチャンスを作り出します。
能力があるが、チャンスの無い若い人達のために。
彼らの将来を自分でコントロールするために。

大震災では、多くの資産と共に職業を失った方がたくさんいます。
彼らに物資やサービスで支援することも重要ですが、雇用を作り、
自らの力でお金を稼げるようになったとき、本当の復興はやってくるのではないでしょうか。

もし志が合うようであれば、Startup Weekend Tokyoに是非参加してみてください。

http://tokyo.startupweekend.org/

A lot of Japanese businessman repeats takes the packed train, exercises maximum, and sleeps in tired every day.
It seems to be a little abnormally from another country though the Japanese diligence is a point to be able to boast.

On the other hand, the problem is closed up that the young generation not to marry easily, and not to start a family.

An actually these reasons fundamental points are the same.
It is that the young generation never have freedom and the time or money.

However, it is not correct.
Japan doesn’t go in a good direction if not becoming a society where a young person can work hard.

Startup Weekend : in the event that was born in the US.
Frankly speaking, it is an Startup contest in which the person who thinks that it will establish it participates.
But I think, There is power to produce the future of Japan in this event.

Do you want to make the current state somehow?
Do you think that you cannot take the risk?
You will be able to spend at the chance only an two days and an half.

It is settled with “Became a good experience” even if failing.And, perhaps, it was able to obtain something any more if it was only a weekend.
Moreover, it is also possible to aim at establishment there if the idea has concreteness in Startup Weekend.

Of course, it is possible to use it so that the satisfaction with making it may also look for a similar companion.

Startup Weekend produces these most basic chances.
For young people who do not have the chance though it is competent.
For their future will be controlled for theirselves.

In The Great East Japan Earthquake, there are a lot of losing the occupation with a lot of properties.It is also important that support them by goods and service.
However, when it came to be able to make employment, and to earn money by own power, true revival might come

Please participate in Startup Weekend Tokyo if your will is suitable.

http://tokyo.startupweekend.org/

iOS開発でハマった点2点

iPhoneの開発者ライセンスをずっと持っていたのですが、OSの先行アップデートするくらいで何もしていませんでしたので、GWを使って少し勉強しています。そこでハマった点2点。

■iPhone3Gの実機に転送できない。

「Xcode cannot run using the selected device.」
なんていうエラーが出て、 実機での実行が出来きませんでした。
エミュレータでは動くので何故か全然分からなかったのですが、下記URLに同様の問題が。
「バージョンが4.3に上がってないからだよ」

http://stackoverflow.com/questions/5382772/xcode-cannot-run-using-the-selected-device

だが、iPhone3Gは既に4.2.1で打ち止めのようで、プロジェクトのほうを4.2に合わせて解決。

■プロビジョニングファイルの重複によるエラー

CodeSign error: Certificate identity ‘証明書名’ appears more than once in the keychain. The codesign tool requires there only be one.

というエラーが出た場合、Mac本体のキーチェーン内に同名の証明書があるのが問題です。

古い証明書をキーチェーンアクセスから削除してみてください。