グリッドコントローラーで俺得外付けキーボードを作る

Adafruitでうっかりおかしな物を買ってしまいました。
Adafruit UNTZtrument! Open-Source 8×8 Grid Controller Kit – 8×8 White LEDs
要は、64個の光るボタンがついているエンクロージャーなのですが、これがあれば、Blenderのキテレツなショートカット達にも太刀打ちできます。ArudinoとHIDは最近ちょうど技術的にも身につけたところですし、外見もカッコイイ。それにArudinoなので、ロータリーエンコーダーの追加やソフトウェアでの諸々カスタマイズもできます。というわけで、最終的には結構いいお値段になりました。ニューヨークから一週間くらいで到着。
で届いたパーツたちがこちら
2014-12-23 11.49.09
アクリルの部分以外は普通にAdafruitで売られているパーツで、アクリル部分のエンクロージャーはdxfファイルが提供されてます。
今気がついたけど、エンクロージャー自作すれば相当安く作れますね。
で、パーツ合わせなどを行い、
2014-12-23 12.32.37
ハンダ付けなどしつつ、
2014-12-23 16.34.50
こうなりました。
ロータリーエンコーダーも追加で付けたので、外付けキーボードとしては超高性能です。
 

動画はMacのアプリ切り替えをロータリーエンコーダーで実現したもの。これはいろいろ捗ります。

実際はロータリーエンコーダーの1ピッチを1値に設定するのにソフトウェア的なコツがあるのですが、ソース公開するのでいろいろ察してください。