ExifInterface.TAG_GPS_LATITUDEには何を入れるのか?

カメラで撮影した画像にEXIFで位置情報をつけようとした場合、
ExifInterface.TAG_GPS_LATITUDE/TAG_GPS_LONGITUDE に
Stringを入れる、というところまではわかったのですが、そのStringにサクッとGPSの情報を入れても
動きません。

http://www.mailinglistarchive.com/html/android-group-japan@googlegroups.com/2010-05/msg00112.html

で、誰も答えてませんが、正解は

http://developer.android.com/intl/ja/reference/android/media/ExifInterface.html#TAG_GPS_LATITUDE

“num1/denom1,num2/denom2,num3/denom3”

とありました。

これは分かりにくい!

具体的には、「北緯38度52分15.56秒」だったら、
「38/1,52/1,1556/100」と入れます。

    String latlong2GeoFormat (double latlong) {
        // doubleからintへ変換
    	Double _latlong = latlong;
    	int num1 = _latlong.intValue();
    	double num2d = ((_latlong - (double)num1) * 100);
    	int num2 = (int)num2d;
    	double num3d = ((num2d - (double)num2) * 10000);
    	int num3 = (int)num3d;

		// フォーマット num1/denom1,num2/denom2,num3,denom3
    	return String.format("%d/1,%d/1,%d/100", num1, num2, num3);
    }
こんな感じで。

つぶやき文庫不具合・バージョンアップ(v1.1b)について

コメントで強制終了するという報告を受けて、調査したところ、
フォト蔵側のサーバメンテナンスで画像が取得できず、
404が返ってきたときに画像キャッシュから画像を読み込む処理のところで
Exceptionを出すようになっていました。

現在は、404で返ってきた場合は画像を出さないか、
過去に画像がとれた場合はそれを繰り返し表示するように暫定版をだしています。

ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

※追記
v1.0を下記に起きましたので、不具合が取れない場合はこちらをお使いください。
http://codedesign.jp/Pocketful.apk

第7番目くらいのIME「Fabricca」リリース

さて、昨日新しいアプリをリリースしました。

Fabricca BETA

Fabriccaはシンプルな設定と美しいユーザインタフェースを持つ、軽量な日本語入力用ソフトウェアです。高速な変換機能を持つOpenWnnをベースに、ユーザのつかいやすさを追求しています。
Fabriccaは現状透明なデザインを基調としていますが、今後はテーマによって着せ替えができる機能を実装していきます。また、今後のバージョンにはユーザの要望を取り入れる予定です。
本アプリケーションはβ版であり、試用期間を設けての2010/12/31までの限定配布の予定です。ご要望等はTwitter(@takahashi_ken)まで。
ということで、今後デザインを詰める方向で展開していきますが、使い勝手もどんどん上げていく予定です。いま考えているものとしては、
・変換キーで次の候補へ移動する機能
・リバースキーで変換した候補を元に戻す機能
・カーソルキー用画面の実装
・英語キーボードでの変換抑止機能
くらいですかね。もちろんテーマ機能も付ける予定で。

まさかのつぶやき文庫バージョンアップ

Android Application Award 2010 Springでルック&フィール賞を受賞した「つぶやき文庫」が、なぜか今頃バージョンアップしました。

Q: なぜ今頃?
A: 次のA3に向けての腕鳴らしです。

いや、別のアプリを黙々と作っていたのですが、ここらでそろそろ自分のアプリの整理をしておこうかと思いまして。

v1.1 変更点

  • 下記項目にて設定変更が可能となりました。
    • 文字を移動させない設定(On/Off)
    • 自動で次のTweetに行かない設定
    • ハッシュタグの変更
    • フォントサイズの変更(Small/Medium/Large)
    • 同時に読み込むTweet数の変更(20/50/100:少ないと最初の読み込みが早くなります。)
    • 設定のリセット
  • 読み込み時にダイアログを表示しました。
  • 画像検索がヒットしない場合でも、できるだけ表示されるようにしました。
  • 一部動作が不安定な部分をFIXしました。
  • その他パフォーマンスの若干の改善をしました。

是非お試しください!

仮想サーバの移行

Core2Duo/8GBという素敵サーバを組んだのが恐らく1年前くらい。その後引っ越しなどをしても元気に動いていたのですが、以前は離れた部屋においてあったのを自室に持ってきたのでファンの音が気になっていました。

で、とうとう踏ん切りをつけて、サーバの移行をしました。
VMware ESXi → VMware Fusion
そう、次のプラットフォームはMacです。Mac mini。

本当はHyper Visor型のほうが良いのですが、小ささと静かさと電気代(これは今後の測定次第)を考えて、家庭サーバはこれで十分だとの判断です。足元に置くよりもテーブル脇にあったほうがかっこいいしね。

これでバックアップもTime Machineが使えるし、いいことづくめ。
しかも家庭内のWLANもMac miniから出せるようにしたので、AirMac Expressも外せたし、電気代が楽しみです。