「起業家の心得」を翻訳してみる。

古川享さんのツイートにあった、

「本日の講義では、VCの老舗セコイア・キャピタルが、起業プランを持ち込む前にこれをお手本にと掲示するhttp://bit.ly/kr9kcc の話と、最近見かけたスタートアップ企業の壁に貼ってあった、起業家の心得 http://bit.ly/ty1IM を対比してみる。」

を翻訳してみる。全部翻訳すると長いので、要素だけ抜き出してます。

Writing a Business Plan

http://www.sequoiacap.com/ideas

貴方が、ビジネスプランをVCに見せる前に、

「持続可能な企業の要素」と「ビジネスプランの書き方」を読んでください。

・持続可能な企業の要素

  1. 名刺の裏に掛けるような純粋な目標
  2. 1000億円規模の大きな市場
  3. お金を払ってくれる顧客をターゲットとしている
  4. シンプルな製品にターゲットを絞る
  5. 顧客にたった一つの強力なソリューションを提示する
  6. 常識に挑戦し、考えを変え、ライバルを出し抜く
  7. 良いチームのDNAを作る
  8. 機敏さは大きな会社を打ち破ることを助ける
  9. 目的のためにお金を使い、最大の効果を得ること。倹約すべし
  10. 最小のお金で始める

・ビジネスプランの書き方

15~20のスライドに以下を書く

  1. 会社の目的
  2. 問題
  3. 問題の解決(例を出して)
  4. なぜ今やるのか
  5. 市場規模
  6. 競合
  7. 製品そのもの
  8. ビジネスモデル、特に収益モデル
  9. チーム
  10. 財務や契約

※Startup Weekend TokyoでのGuy Cihiさんのピッチを思い出しました。
スライドには「いくら欲しいのか」を書けと言ってましたね。

で、次の「起業家の心得」こっちのほうが翻訳してて面白かったです。

How to save money running a startup (17 really good tips)

http://calacanis.com/2008/03/07/how-to-save-money-running-a-startup-17-really-good-tips/

  1. Macを買ってIT部門のお金を節約する。
  2. セカンドモニターを全員に用意。1日に30分時間を節約できる。1年に100時間だから、3年で$6000 はセーブできる。$300~500の投資でだ。
  3. 食事は買いに行かせず用意する。食べに行くだけで20~60分無駄にする。さらに、食べながらミーティングすれば30分節約。
  4. 机は安くても椅子は良いものを用意する。
  5. 固定電話は入れるな。IRCチャットと個人持ち携帯で十分。99%のコミュニケーションは電話でしない。
  6. オフィスには余裕のあるスペースを持つこと。
  7. 会計と人事はアウトソースする。
  8. Microsoft Officeを全員に買わない。3、4台の共用端末に入れれば十分。あとはGoogle Docsで。
  9. GoogleのホスティングとGmailを使うこと。Exchangeサーバとか要らねーだろ。
  10. 家には一番良いPCを買う。家に帰って仕事がしたくなるならね。ワーカーホリックなら道具に投資しないと。
  11. 仕事を愛していない人を雇わない。Startupに入りたくない人はStartupでは働くべきでなく、前の職場かスターバックスで仕事するように。
  12. 高価でも良いエスプレッソマシーンを入れるべき。コーヒーと共に、時間も節約できる。
  13. 冷蔵庫にソーダをキープしておくように。
  14. オフ時間に働くことを許容する。時間をずらすことで通勤時間を半分に。
  15. 入っている業者に対して、6ヶ月から9ヶ月毎に10~30%の割引を求める。
  16. リクルートにお金を使うのをやめる。Linkedin と Facebook で探せばいい。
  17. PR会社に1万5000ドル払っているようであれば、見直すべき。年間2~3プロジェクトに取り組んでくれるPRコンサルタントをさがすことは可能。
  18. 中央アメリカにアウトソースすべき。彼らは4000ドルの狭いアパートに住んでいないし、8ドルでシャツをクリーニングに出したりしない。彼らを雇おう。

おかしいな、18項目あるわ(笑)。

注目すべきは、全てにコスト感覚を持っているということなんでしょうね。

※あと、多分Sam古川は1文目が気に入ったんだろうな。

 

Startup Weekend Tokyoに参加してきました。

Startup Weekend Tokyo に参加してきました。スピーカーとして。(えー!)

(追記:写真を追加しました)

そのときの講義資料を晒します。

皆さんのモチベーションの高さは凄かったです。ホント。

勝間和代さんのDVD

はじめての資産運用と題して、あの日経マネーが勝間和代さんのDVDを5月号につけていました。正直、あまり期待はしていなかったのですが、なかなか良い話もあったのでまとめておきます。

・老後は夫婦で1億あれば安心だそうだ。(本当か?そんなにみんな持ってるのか?)
・銀行に入れるだけでは、2倍になるのに277年。
・金融リテラシーを鍛える。洋服を買うときも着る回数を考えるように。
・投資はスポーツ。(これはなんとも判断できないが、そうかも)

勝間和代さんが好き、という人には良いと思います。逆に、ある程度疑って書かれるようになれば、勝間和代さんは卒業かもしれません。そんな印象を受けたDVDでした。

ヴィクターが育てた投機家はどこに?

日本の投資界で知らぬものはいないB・N・F氏。ちょっと前までは彼もメディアでよく見かけていたのですが、最近はあまり見ませんね。秋葉原のビルを買った後、どうしているのでしょうか?

今日、PCのファイル整理をしていたら、彼の名前の元となったヴィクター・ニーダーホッファーの動画が出てきました。そこの中でちょっと気になったのが、彼がトレーダーを教育していたという事実。彼の弟も投資家で20歳離れており、当然兄の指導を受けて成功しているようです。ヴィクター自身は2007年にも大損失を出しているようですが、弟や育てた投機家たちはパフォーマンスを維持しているのかどうか。気になるところです。

期待値を知るとタバコは吸えない

私は株式取引自体も資産形成の一つと捉えています。毎日買ったり売ったりしていることで、長期保有している株主に対していつでも換金できるという流動性を提供して、そのメリットの対価を得る、というように考えているので、それ自体投資の一部なのです。ですが、取っている行動はデイトレードに近いものになりがちですのでギャンブル的な側面が無いとは言えません。

私はトレードを確率的な面からアプローチしているので、トレードの持つ数字に関しては大変敏感になっています。トレードの持つ数字というのは、例えば勝率であり、期待値であり、資金効率やシャープレシオ、といったところになります。

よくある比較として、ギャンブルとの比較です。

ちなみに、ここで言う期待値とは、1回のエントリーに対しての、掛け金に期待される利益のことです。わざわざ説明する必要もないかと思いますが。

宝くじ 45%
競馬・競輪・競艇 75%
パチンコ 80%
株 95%(以上) 

上記はどれも、普通にやり続ければ損をするようにできているわけです。じゃあ、なぜこれらのギャンブル(という括りにしますが)に皆さんが取りつかれるのか。射幸心を煽るからなんですよね。うまくやれば期待値を100%以上にできるんじゃないか、儲かるんじゃないか、というあれです。

ですが、これは思ったよりもずっと難しい。株とパチンコ・パチスロくらいまでは合法的にできるとは思いますが、それ以下のものは難しいと思います。理系でこのことにきちんと気が付いていれば、運試し以上の理由で宝くじを買ったりはしないはずです。

私は以前たばこを吸っていましたが、今はやめてしまいました。この話をすると、よく人に理由を聞かれるのですが、一言で言うと「期待値が低すぎるから」です。タバコ1本を平均4分で吸い、寿命が5分半短くなったとして、

投資した時間=4分+5.5分
獲得した利益=吸っていた4分間の幸福+α 

さて、このα=寿命5.5分ぶんの利益を、タバコ1本で得られるでしょうか?

このことを真剣に考えられれば、利益が出せるようになる日も遠くはありません。